その日わたしは愛を知りました

神谷浩史さんのイベントに行った時の思い出

気付いたら01週間過ぎてた。そんなリーライのレポ




ありがたいことに、神谷さんが出る日は両方共入れることが出来ました。前日まで、体調悪くて悪くて、すっげえー暖かい格好して寝たらなんとかそれなりになったので良かったです(*´ω`*)
何よりママに言われた「どうせ神谷浩史見てるときは治るから」に納得www

物販はあれば買おうかなーって気持ちなのでゆっくり行きました。なんせ最近事後通でもいいかな?ってwww

けど、あっさり神谷浩史が残ってたのでプチプチなんちゃらをゲットしましたー。コースターは未だに悩んでますが、多分事後通あれば買っちゃいそうです。


――あらすじ――
『おとぎ界』という、おとぎ話の登場人物が実在する世界があった。
現実世界で紡がれ続け、増え続ける世界。
故に年に1度、おとぎ界では増えすぎた世界を消去する為の生き残りサバイバルが開催される。
そして今、この世界に新たな物語が誕生する。
その名は『ただの太郎』!

ちなみに役名が

f:id:no-puedo-vivirsi-ti:20151026220907j:image

なんですよ!だから、神谷さんのグッズに亀がいたんだ!って思いました。






まず、鈴のチリーンの音でスタート。

確か津田さん、のじけんさんが出てきた気がします。そこから、みなさん出てくるんですが、神谷さんが演じてるのが浦島太郎ってことで、ゴンドラ?みたいなのに、浦島太郎と言えば!って物が置いてあり、玉手箱と多分あれは浦島太郎が腰にぶらさけてるようなツボが置いてありました。

この時の神谷さんは低い感じで演技をしてました。

太郎は始め、自分の名前も分からず謝ってばかりのヘタレだったのですが、次第に成長して行くんですが、もう江口くんにぴったりで。しかもずっとずっと気になってたのが太郎だけ学ラン!しかも、『楯』は、黒板消し!

えっ?

まずここで不思議なんですよ。学ランだし、黒板消しだし。学校なのかな?でもーんー???って思うんだけど、そのまま

やがて少しずつ記憶を取り戻した太郎は戦い始めるのですが、何と出てきた武器は、教師用のデカい『三角定規』!

えっ?(なんで三角定規なの?)

太郎は戦いに参戦するのですが、ラストのラストまで、『太郎の物語』の最後は思い出せません。
ハラハラする展開でした。

1回、『太郎の物語』の最後が勝手に紡がれ、全員が礼をし神谷さんの挨拶があるんだけど太郎が出てきて

「僕の物語を勝手に終わらせるな」

って。

ラストは、何故太郎が学ランなのか、何故武器が三角定規なのか分かる、現実とおとぎ話がクロスする衝撃的なラストなのですが。
戦いを通して絆を繋いだおとぎ話の中の人物たちに励まされ、一応ハッピーエンド?をむかえるのでした。

正直こんな感じです。

そこに声優さんが声をあてて、演技するんですが、本当凄い。

江口くんが泣いてたのは、わかったけど、代永くんも泣いてたし、初日は浪川さんも泣いてたのがわかった。

それから、人狼ゲームこと鬼探しゲームは、神谷浩史パラダイスでしたwwwwww


私的には、今回のリーライ楽しかったです。

次回もリーライ行きたいなー。

とりあえず、福岡行くまで待機なうですwww