読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日わたしは愛を知りました

神谷浩史さんのイベントに行った時の思い出

Daisuke Ono LIVE 2016「Unlimited Door」2日目

【ライブ名】Daisuke Ono LIVE 2016 「Unlimited Door」2日目
【日 時】2016年1月17日(日)
    15時00分開場 16時00分開演
【場 所】日本武道館
【出演者】小野大輔


開演時刻から遅れること数分、ふいに消えるBGM、そして照明が消えスクリーンにDAISUKEの文字が。そして、10からカウントダウンが始まって…

スクリーンの正面に突如扉(本物)が現れて、そこを開けて登場する小野くん。


▶︎▶︎Key of the mirror


ステージを歩きながらみんなに顔見せ。
上手、下手正面とメンバー一同でお辞儀。まるでようこそ!って言われてる感じでした。

しかも衣装が


王子様過ぎて。武道館に王子様だったよ

小野くん「Welcome to Unlimited door」

小野くん「さぁ、ここから一緒に騒ごうぜ!」

▶︎▶︎パノラマ・ミラー・ツアー

パノラマ・ミラー・ツアーの

「変わる景色の果ては…まだ内緒だよ」
のあとに

「Ladies end gentlemenなんちゃらかんちゃらOpen the door」

と言ってました!がなんちゃらかんちゃらの部分分からず(´;ω;`)聞き取れなかったことが悔しいです(´;ω;`)

▶︎▶︎ Mission D

間奏でステージにあるドアからハートや星を飛ばす演出が。

▶︎▶︎ Ride On Funky Night

▶︎▶︎ DELIGHT

みんな流石ですwww何も言わずに踊りだすからねwww




ここプチMC

小野くん「武道館〜〜!!も〜〜す!!」

「も〜〜す!!!」

小野くん「もう一度も〜〜す!!!!」

「も〜〜す!!!!」

小野くん「小野大輔です!!!いつにやって来ました。初!武道館!!初のソロラーイブ!!本当にこの武道館で……本当にこの武D館で(笑)これからは武D館って呼ぶんで(笑)武道館さんに武D館って呼んで良いですか?いいっすよ!って。無事にこのアーティストの聖地と呼ばれる場所で僕は初めてソロライブをやるのは光栄です。ありがとうございます。でも武道館でもすを言うことになるなんてね。本当に思いませんでした。もすT着てる人もいらっしゃいますけどありがとうございます。そもそももすって何か知ってますか?これはですね、もすと言うのはひねもすからきております。ひねもすは一日中ってことでこのタイトルをですね…このタイトルにして初めてミニアルバムを出しました。これが約09年前です。僕のデビューアルバムがひねもすでした。そのそこから僕の音楽活動は始まったわけですけれどと、そのCDをお渡しするときにですね、ランティスのスタッフさんがただ渡すだけなら味気ないじゃないか?と。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございもす。もす。もす!お買い上げもーす!!これね、嘘のみたいですが、本当なんですよ。こうして僕の音楽活動はもすと言う言葉でスタートすることになりました。そこから09年経つんですけれども、本当にこのもすと言う言葉が僕の代名詞になって。凄い気になってたんですよ。ボビーオロゴンさんが怒ってるんじゃないかって?ただ、パクってはいない。だから調べました。ボビーオロゴンさんのデビュー日を。2006年。僕が言う全然前でした。ごめんなさい。」

小野くん「ここまで来るのに09年かかりました。09年間ずっとずっと音楽活動を支えてくれたここにいる皆さんに感謝を述べたいと思います。ありがとうございます。みんなと歩んできたこの09年間をこのLIVEの集大成としたいと思います。このDライで!!」

小野くん「Dライって呼んでんだろ?知ってるぜ。Dライ?Dラーイ?DELIGHT??DELIGHTの意味は歓喜です。喜ぶです。今日は最後までDライで喜びを分かち合いましょう。宜しく〜〜」

▶︎▶︎ Distance

爽やかに歌う小野くん。会場が真っ青に!綺麗〜〜

▶︎▶︎ プルマ・シエロ

からの真っ赤に変わる会場。

▶︎▶︎ Lunar Maria

小野くんガン見してたから気付かなかったけど、女性の方がカルメンの踊りかな?情熱的に踊ってました。

ここで一旦お着替えタイム!
バンドメンバーの演奏タイム。
超かっこいい〜〜の!!やっぱり生バンドはかっこいいよね!

小野くん「Are you ready?ダンスタイムの始まりだ!」

▶︎▶︎ 宇宙全時代Discotheque

この曲のダンスは簡単で、初見でも踊れるんだけど、私的に楽しかったです!

小野くん「武道館?まだまだ盛り上がれますか?武道館????まだまだ踊れますか?武道館?????もす!もう一度もす!!もすもすもす!!もう一度もすもすもすからのkiss Kiss Kiss!もう一度kiss Kiss Kiss!いくぜ〜〜kiss Kiss Kiss」

▶︎▶︎ Kiss Kiss Kiss

曲の合間に「みんな一緒に!」「いくよ〜〜」

とか言ってました。

さてPVをご覧になった方は知ってるとかと思いますが、小野くん………撃たれるじゃないですか??????武道館で小野くん………撃たれるんですよwwwwwwwww

撃たれたぁぁぁぁぁwwwって内心なった私に対して割と周りは小野くんんんんんってなってたのは、あっ、なんかすまんって思った。

ダンサーさんが投げkissして「サンキューgirl」って言った瞬間ごめん、カラ松ぅぅぅぅって思ってたwww

小野くん「みんなの…kissで一命を取り留め……」

倒れる小野くんwwwwwwwww

負けじと投げkissするステージ上の方々

小野くん「もっと……もっと来いよ……みんなのkissまだ足りぐはっ」

ナニコレ??www

小野くん「さっき、後方のバンドからとても野太い声が聞こえた…が、それも悪くない。野郎ども、kissをくれ。せーの」

周りのメンズ(戸惑いを感じてた)

小野くん「でもやっぱり女子もくれ!girl!girl??せーの?」

girl「小野D〜」

普段小野くん呼びの私は小野Dって言うイベントくらいだから久しぶりに呼んだな

小野くん「あの、武道館…武D館全員が今、一つに、せーの?」

武D館「小野D〜」

小野くん「復活!」


▶︎▶︎ 熱烈ANSER

きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ熱烈大好きなんですよ!!!!!!!!!!

また小野くんはけて映像が流れる
それからタキシードを着た小野くんの登場

▶︎▶︎ teardrops

▶︎▶︎ 雨音

小野くん「ありがとうございます
。雨音はデビューシングルなんです。この曲、こうしてteardropsを聴いて頂いた後にこうやって雨音を聴いて頂くのは本当に自分でも自分でも凄く嬉しいです。雨音のanswer songとしてteardropsを作りました。大切な大切な愛しい人を亡くすと言う曲を作ったのが08年前。こっから色んな道を経て色んな経験をしてこうして武道館で武道館に雨を降らすことが出来て雨男としては本当にこんなに嬉しい気持ちは無いです。ありがとうございます。」

小野くん「凄い青の明かりが綺麗です。……これって色んな色をつけられるんですよね?」

小野くん「みんな綺麗だよ!!!」

小野くん「今日は色んなドアがありますね。このセットにも色んなドアがあります。最初のパノラマミラーツアーで始まりディライトで終わるブロックはdreamと呼んでいます。夢の世界にようこそ〜〜」

ファン「可愛い〜〜」

小野くん「ありがとう。受け入れるようになりました。可愛いを。あんまり言うな照れる!最初は夢の国にご招待して、みんなでもすもすやった後はドラマティックです。あんなにルナマリアがあんなアレンジになるとは思っていなくて、生まれ変わった。今日のLIVEはUnlimited Doorと付けました。その前の裏テーマを作ってました。そのテーマでもいいんじゃないか?とランティスの方も言ってました。その答えはanswerです。みんなからここまで貰ったものをお返しに行く。僕の活動を支えてくれたみなさんにanswerを届ける。そんな思いで今日ここに立っています。みなさん受け取ってくれますか?そうだよね?みんないっぱい踊ってたもんね。そのテーマはダンスです。ディスコです。そしてそこから繋がるテーマはdearです。親愛なる貴方へ。これからも色んなドアを開けていきます。Dで始まる言葉を僕は調べました。dictionaryで。一生懸命調べました。デンジャラスとかねwwwデンジャラスパートを作ったらますいねwww」


ここから客席いじり〜〜

【大輔】
「そう、俺は大輔。業界にいっぱいいるが小野の大輔は俺だけだ。そう俺が大輔だ」

【ドォーチェ】
「あっ、ドォーチェ?ドォーチェ?中学の言葉でありがとうですね。ありがとう!いいねそれ!」

【ダイナマイト】
「ダイナマイツ!そう!俺はダイナマイト、危険な男。いつ爆破するか分からないぜ。ただ、俺に火を付けたのはお前たちだぜ………これ楽しいな。もっとやろ」

【大仏】
「そう、大仏。そう俺は最早大仏なのかも知れない。小野大仏になる」

【デリケート】
「デリケート…そう俺はデリケート。意外と打たれ弱い。割とMで通っているが傷ついてる。みんな優しくしてね」

小野くん「みんなから色んなDを貰いました。ありがとうね!今回のLIVEにぴったりな言葉にディケイドってあり、ディケイドの意味は10年だそうです。さっきから言ってますがひねもすから09年たってここに立つことが出来ました。ここで終わりたくないです。みんなと一緒に歌を歌い続けていきたいです。次の10年に向けて未来に進むためにこの曲を歌いたいと思います」




▶︎▶︎ Doors

▶︎▶︎ カラフルレンズ

ここでダンサー様の紹介!

▶︎▶︎ モノクロの虹

▶︎▶︎ キンモクセイ

小野くん「ありがとう武道館!めっちゃ綺麗です、オレンジ。ずっとずっと武道館でLIVEやってきて嬉しいことばっかりです。ずっとずっとhappyです。僕はソロLIVEをここでやるのは初めてです。てかソロLIVEが初めてです。超気持ちいいです。ずっとここまで歩んで来た道の話をしましたけど、本当にこのLIVEにしたって10月からリハをして来ました。関係者と言うか同業者のみんなが早くね?!準備早くね?!ってやっぱり早かったけど、03ヶ月以上このLIVEをみんなと一緒にチームDのみんなと作って来ました。Dで始まるって言葉を沢山見付けました。DAYS、日々。僕らが積み重ねて来た日々は絶対に裏切らないと思ってます。とにかくリハが楽しかった。ずっとリハわやっていきたいと思った。いっつもいっつもリハやるとスタッフさんが言うんですよ。超楽しいって。なんだったら、まだここ入るリハで泣いてるスタッフさんがいるんですよ。最初のパノラマミラーツアー泣けるんですよね〜。そこ?早くね??(笑)それが本当に嬉しかったです。本当に僕ら自分01人でここまで辿り着けなかったと思っています。僕はあのスタッフさん含めてバンドD、ダンスD、kisskisskissで出てきたDgirls、EじゃなくてDgirlsね。その全てを統括してチームDって呼んでいます。そろそろ気付いたかな???この武D館にいるみんなもチームDだそ!みんなもいないとLIVEは作れません。俺、ここに立てません。みんなで言ってみないか?俺たちがチームDだって。準備はいいかい?俺たちがチーム?」

武D館「D〜〜!!」

小野くん「嬉しいね!僕にとってのヒーローは貴方たちです。みんなは僕のことを応援してくれるかも知れない。それは凄く嬉しいです。僕だってみんなのこと見てるぞ!みんなのこと応援してるぞ!持ちつ持たれつ!ここにいてくれるヒーローです。俺にとってのヒーローです!みんなでみんなの声を武道館に響かせましょう!最後の曲です!ヒーロー!」


▶︎▶︎ ヒーロー

間奏の間に

小野くん「みんなが僕の誇りです。」

と小野さん。




小野くん「ありがとう!本当にありがとう!!みんなが俺のヒーローだ!!!!お相手は小野大輔でした。今日は本当にありがとうございました!!」

の言葉に周りもありがとう!!って。
近くにいたメンズくんも大きな声でありがとう〜〜って叫んでいて、小野くん愛されてるな〜〜

武D館は小野Dコールでいっぱい

小野くん出て来て

小野くん「アンコールありがとうー!!」



アンコール
▶︎▶︎Shinin' Days

歌詞の中に

「絶対 忘れないよその優しさ 永久さ
実際 こんな大きな空の下で キミだけを想う」

「絶対 忘れないよその優しさ 永久さ
実際 こんな大きな武道館 キミだけを想う」

って歌ったり

「絶対 応えたいよ思いやりに ありがとう
実際 不甲斐ない自分に焦ったり まだまだだけど
絶対 守りたいよこの幸せ ありがとう
今日も 信じていてくれる存在に 生かされてる

〜間奏〜
小野くん「改めて武道館ー!」

絶対 忘れないよその優しさ 永久さ
実際 こんな大きな武道館 キミだけ想う
絶対 他にないよこの幸せ 永久さ
今日も 感じている支えられてる キミとShinin' Days」

と、小野くん。改めて武道館からの絶対 忘れないよ〜はズルいよね。

小野くん「ありがとう〜〜!Shinin' Days歌っちゃいました。この曲大好きなんだよね。いいよね、これね、武道館バージョンにして見ました。何歌ってもこれこれ!これが歌いたかったんだよねってなるんだよね。みなさんどうでしたか?ありがとう!!そうだ、あのですね、このLIVEをですね02月にですねBSスカパーで放送することが決定しました!今噛んじゃいました(泣)」


バンD「もう01回」

小野くん「ソロLIVEの様子がなんと!!02月にスカパーで放送されることが決定しました!!ありがとう。いつも助けられてます。詳しくはチラシに入ってるんで見てくさい。めでたいんですけど、映るんですよね?僕がテレビに出るんです。本当、ぶっちゃけいいますけど、苦手なんですよね、映り。どんな顔をしているか分からない。」

ここで口をあけるんです。そうです、そうなんです。

「ハッスル!ハッスル!!」

十四松きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

会場が絶叫の嵐

小野くん「役に入ると出来るんです。僕はあの自分が嫌いだったんですけど、ずっと。自分が嫌いだから役者をやりました。自分じゃない人になれるから。もっと言うと顔を出してやる役者よりももっともっと自分が出ないんじゃないですか?声だけで。だから何にでもなるし、自分が外に出ないからこれだって思ったんですよ。学生の頃に。これが自分の仕事だって。15年間やってきました。本当に自分が嫌いでした。でもね、ちょっとね最近好きになれたの。なんでかって言うと俺の周りにいる人たちが素敵過ぎ!好き過ぎ!!自分が嫌いだったんですけど、自分の周りにいる人たちが好きなんですよね。その人たちが好きって言ってくれるの!小野Dいいよ!って言ってくれるの。そうするとすっごい自信が持てるようになった。ずっとそうやって音楽活動やってると面白いもんでね、熱烈answerわけわかんなくて面白いよ。あの辺りから僕の色が色々変わってきたんですけど、周りの人たちが僕で遊んでくれて、僕の色って僕だけが作ったわけじゃなくて、みんなの色が重なって出来た色かな?って思ってます。言いたいことが沢山あるんですが、いっぱい花を貰った。沢山沢山花を貰いました。びっくりです。ジャングルみたいでした。色んな仲間が沢山沢山お花をくれました。メールを頂きました。えっーと、LINEが矢のように飛んで来ました。いっぱいきた!頑張れよ、怪我ないようにね、気を付けてね!って。埼玉の方からも来ましたよ。本当に嬉しかった。僕の故郷からもきた。何年も何年も会えてない友達からお花が楽屋に届いていて、本当に感極まってしまいました。そのお花の色が彩ってくれた、応援してくれた色なんだなって改めて思っています。僕の音楽活動と声優活動を色んな人生を彩ってくれたみなさんに送りたい曲を歌いたいと思います、聴いて下さい。」

▶︎▶︎ canvas

小野くん「みんなの色が僕を作ってくれました。本当にここまで応援してくれて、本当にここまで…僕を見続けてくれて支えてくれて、ずっと応援してくれて本当にありがとう。チームD、みんなチームD。僕の誇りを紹介したいと思います」

ここで小野くんにとって欠かせないバンドやダンサーさんの紹介。小野くん一言一言が本当に愛があって、みんなにたくさんの愛を注ぐ小野くん。それをお返しするみんな。凄いいいLIVEに行けたな〜〜って。

思ってたのに、

小野くん「男の子は下ネタが大好き!!!」

で小野くんwww

こんな感じで、みなさん楽しそう(*^_^*)

▶︎▶︎ だいすき

曲が終わってから10回飛ぶ小野くん。
最後にもう01回飛んでテープ発射!!

生声小野くん「また次のドアで会おう。ありがとうございましたー」



小野くん、最初から最後までずっとお礼を言ってて、小野くんの人柄の良さが素敵でした。