読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日わたしは愛を知りました

神谷浩史さんのイベントに行った時の思い出

AnimeJapan 2016 「夏目友人帳」スペシャル

相変わらず神谷浩史メモ!
ただ、今回はお隣にちびっこいたので、途中途中切れてるかも(ちびっこが気になって気になって)









始まる前に井上和彦さんのお誕生日をサプライズでやるよ〜〜と画面に映りました。

それから、夏目友人帳の新しい映像が流れて司会者が登場。

神谷浩史さん→井上和彦さん

の順番で出て来て、神谷さんにぶつかる井上さん。終始ニコニコの神谷さん。うーん。可愛い。

司会者から挨拶をとのことで

神谷さん「はい、どうも皆様こんにちは。夏目友人で夏目貴志の声やらして頂いております神谷浩史でございまーす!」

和彦さんはにゃんこ先生ボイスで挨拶!可愛い〜〜

司会者:夏目友人帳が決まった率直な感想は?

神谷さん「ありがたいの一言に尽きますね。僕が関わらせて頂いてる作品で2期とか言う話はありますけど、5期とかはちょっと僕の経験上初めてのことなので、どう受け止めていいかわからなかったんですね。そんなに続いてなのね、と単純に嬉しいってこととまた夏目を作らないとなので大変だなーって思いました」

和彦さん「僕は妖怪の役なので心配はしてないんですが、問題は神谷くんが4年たってるので、どうなのかな?って」

神谷さん「wwwな、なんなんすかwww4年たちましたねwwwそうですよー、4年たっちゃいましたからね。」

和彦さん「夏目は歳とってないでしょ?」

神谷さん「歳取ってないですよ〜歳取ってないって言うか緩やかな成長はしてますけど、まだ17歳とか、高校生の時間を生きている」

和彦さんがここらへんで何かを言ったんだけど、分かんないや。何の続きで

神谷さん「みなさんどう受け止めていいか分からない」

ここから夏目友人帳にゆかりのある方からのコメントを神谷さん→和彦さん→神谷さんの順番で読む。

大森監督を和彦さんが読むんだけど、和彦さんが神谷さんに大森監督のこと聞いてて

神谷さん「でっかいです」

と声がおじさん?って言ってたのかな???

そこで和彦さんが大森監督のモノマネするんだけど、

神谷さん「普通に読んで!」

ってwwwwww

で、また自分が読むと分かった時に

神谷さん「はい、忙しいですね〜〜」

って。確かどこか文章間違えた気がするwww

司会者:新監督について

神谷さん「そうですね、監督とは現場でご一緒させて頂いて、いつもマッドマックスのTシャツを着ていて、大丈夫?この人?ってwwwずっとマッドマックスのTシャツ着てるんですよ。手を変え品を変え何処で買ったの?って聞くと通販で買いました。ってあんまりにも言うもんだから毎週違うTシャツ着てくるんですよ。うわーすっかりマッドマックスの人になってるよ、この人って。この人夏目友人帳作れるのかな?って思うけど、それはそれ。これはこれで一生懸命頑張りますって。どんなテイストになるかは僕も興味があるんですけどね。最後にね、みなさんのお届けした映像作品はOVA夏目友人帳あったかと思うんですけど、あれを作った監督なので安心していられると思います」

関係者からからのコメントを司会者が読み、「お酒は程々に…どちらとは言いませんが」とあり

和彦さん「そうだぞ」
と神谷さんの方へ

神谷さん「はいwww」

また、「10期、20期、100期と…」

のコメントでは

神谷さん「www」

思わず笑ってましたね、神谷さん。
いくら妖怪な和彦さんも100期は無理なようです。
…当たり前かwww

司会者が「どちらとは言いませんがお酒の飲み過ぎは」

に反応して

神谷さん「気をつけます」

最終的に和彦さんが「気を付けます」

と!そして、ビデオメッセージを頂きました。

堀江さん→木村くん(ヒロC〜が可愛かった)→諏訪部さん→まさかの石田様!!

VTRを見ての感想

神谷さん「諏訪部さんと石田さんは久しぶりな感じがしますね。他のキャストは去年朗読とかあったのでね、夏目友人帳としてお会いすることはありましたが、お二人は久しぶりですね。新鮮でしたね」

和彦さん「夏目のチームが集まったって感じだね。木村くんはさっき楽屋に来ましたからね」


神谷さん「はい、本人も言ってましたがその辺ウロウロしてますからね(笑)でましょうか?でましょうか?(木村くんの真似する神谷さん)」

司会者:意気込みなど

神谷さん「体調管理をしっかりやったうえで、アフレコに望まないといけないなと思いまして、ずっと作品を支えてくれるスタッフが再集結するとのことで、なんちゃら。あとは、自分の年齢的なところですかね?(なんちゃらの部分はすみません、ちびっこ見てました)気にしてはいないんですけど、実は夏目友人帳を改めて撮るお仕事があって久しぶりに行ったんですよ。01期からのスタッフさんが集まってくれてアフレコした声を聞いて「ちょっと神谷さん待って下さい。」って言われたからちゃんと若くやったぞ!って思ったんですよ。夏目そんなに若くないです!って。若い役だ若い役だって改めて夏目をやったんですよ。ところが違います、ちょっと観て下さいって。映像を観たら割と落ち着いた大人びた少年だったんですね。だから、年齢間であると17歳で若いキャラクターではあるけど、発言だったり考えてることもそれなりに大人びてる可能性はありますけど、しっかりとしてるキャラクターでもあるし今言ったみたいにあんまり子供じゃないんですね。同じ年齢の比較対象があらわれると幼く見えるって感じなんですね。改めて観てそこまで若々しくしなくてもいいキャラクターなんだなって気付いたんですね。なんでそこまでプレッシャーには感じてはいないんですけど、過去の作品を見直して夏目ってキャラクターを僕の中に作って05期に勤めたらいいな〜って思ってます」

和彦さんはにゃんこ先生は作品引っ掻き回す役なので、また引っ掻き回したいなと
また、アフレコ中に邪魔し過ぎてウルサイ!って怒られたと

神谷さん「いい感じのセリフを言ってるのに後ろから邪魔してくるんですね。明らかに邪魔しようって意図が感じられるんですね。」

和彦さん「監督の意志で〜…」

と仰った時の神谷さんの

「そうかな〜〜」

が異常に可愛くて何度か言うそうかな〜の破壊力が凄い

神谷さん「明らかにこっちの反応を待ってる気がするんですよね〜」

にゃんこ先生は邪魔する役だし、アフレコが楽しい、嬉しいと和彦さん

ここで夏目友人帳の告知〜

ブルーレイの発売の告知をした時に

神谷さん「これは売れちゃうね〜」

2013年のサウンドシアターが入ってるとお話した時に

神谷さん「売れちゃうね〜買っちゃうね〜」

また、イベントが…とお話した時に

神谷さん「あ〜これは売れちゃうね〜〜」

とともにイベントって出た瞬間の周りの反応がまじか〜イベントまじか〜ってwww私もまじか〜wwwって言ってたよ、買うよ、買えばいいんだろう

司会者:イベントについて

神谷さん「へ〜10月01日は開けとかなきゃいけないですねぇ〜初めて知りましたよw」

それからスタッフさんたちのオススメの作品をお話。

・男同士の拳を合わせるシーン
→神谷さんはやったことない。やったことある人いる??って女性に聞いたときに意外とやったことある人いてびっくりしてた

・夏目とにゃんこ先生が入れ替わるシーン
→どうよ?のセリフをひたすらやる和彦さん。神谷さんがやるもんだと思ってた。でも楽しかった。

・妖怪に名前を〜のシーン
→懐かしいねと。

そこからの話でやりたいお話について

神谷さん「妖怪だけのお話。最後にお帰りにゃんこ先生何処行ってたんだよくらいが楽ですね。」

和彦さん「学生だけのお話。お帰りなつめーくらいで」

…両方観たいな(笑)


そして最後の挨拶

神谷さん「重大なお知らせがあります。みなさん覚えてますね?声を揃えて宜しくお願いします。


せーの!!」


\ お誕生日おめでとう〜〜 /

そこてまケーキが出て来て、和彦さんのお誕生日をお祝い。

神谷さん「今日なんですよね。」

とみなさんでお祝い。お酒を程々にするといいつつ神谷さんがワインあげてたからねー。

和彦さん「厄年抜けましたから」

神谷さん「そうか、厄年ど直球」

和彦さん「大丈夫、俺が守ってやるから」

と和彦さーんwwwそして、写真タイム!公式様やらなんやらの写真終わったところで最後の挨拶

和彦さん「今日はどうもありがとうー」(にゃんこ先生バージョンで挨拶してくれました)

神谷さん「はい、本日はお越し頂き誠にありがとうございます。こうしてまた夏目の世界に戻ってこれるのは本当に嬉しいなーって思っています。まぁ、ちょくちょくねCMだったりとか朗読だったりでしたが、今回は本編とことでなんちゃらかんちゃら(すみません。隣の子が気になって)。また再放送とかでテレビで週間としてみなさんに寄り添うようにしてお届け出来ることが嬉しくて仕方ありません。みなさん、05期も一言一言丁寧に頑張られせて頂きますので宜しくお願いします。ありがとうございます。」

和彦さんがSNSで盛り上げて欲しいと、みんなが宣伝体長です!と仰っていましたので、みなさん見てね♡



前回の更新のときに写真載せるの忘れてた