その日わたしは愛を知りました

神谷浩史さんのイベントに行った時の思い出

「フェス松さん 昼の部 ~センバツロスにはまだ早い~」前半戦やで

2016年5月8日(日)
【昼の部】開場 13:00 開演 14:00

出演者
※敬称略
櫻井孝宏(おそ松)
中村悠一(カラ松)
神谷浩史(チョロ松)
福山潤(一松)
小野大輔(十四松)
入野自由(トド松)
遠藤綾(トト子)
鈴村健一(イヤミ)
國立幸(チビ太)
上田燿司(デカパン)
飛田展男(ダヨーン)
斎藤桃子(ハタ坊)


昼の部はステージ横のスタンドE列だったのでバクステにいる出演者を見ることの出来る席でした。

あっ、孝宏くんが通ったとか今の自由だ!とか面白かった席でした。

今回はライブビューイングがあるので簡単なレポや残して置きたいことをしたすら書いていこうかな?と思います。また出演者の方々が言ったことをそのまま書いているので直接的な言葉がありますが悪しからず。



タイトルコール

初めはあの軽快なBGMでスタート。

※映像に各キャラクターが映っています。

チョロ松「ねぇ、ねぇ、おそ松兄さん」

おそ松「どうした?ちんこ取れた???」

ねぇ、まだ昼wwwとか思いながら聞いていました。

チョロ「お前に相談せずに病院に行く」

から急にイベントのタイトルコールについて話すチョロたん。情緒不安定なのかな???

おそ「お前言いたいだけだろ?タイトルコールで目立って女の子たちにモテたいんだろ?」

チョロ「別にそう言うわけじゃ…」

おそ「本当は?」

チョロ「今朝からライジングが止まらない」

チョロ〜やっぱりライジング止まらないのねwww

カラ松「待つんだ…タイトルコールはこの人気No.01のこのカラ松が……」

おそチョロ「…………………………」

カラ松だけが映像でひたすら映ってましたwww

おそ「よし、俺が言おう。長男だし一番人気あるし、あっ、一番エロい」

トド松「ちょっとーちょっとー」

兄組「トッティ????」

トド「誰が可愛くて愛しくてアイドル的魅力がある末っ子王子様だ?」

チョロ「どう言う耳してるんだ?お前???」

トド「僕たちも言いたいよ、タイトルコール!ねっ十四松兄さん。」

十四松「いいたぁ〜い」

ここで十四松はおにーちゃんたちに気持ち悪いって言われて一松にバトンタッチ!一松にーさんは出たくない出たくないって言っててトッティが照明さんに一松にスポットを当てるように指示をして毒を吐いてました。

おそ「はぁ〜???お前らみたいなのがタイトルコール???そんなの任せられるわけないだろ???しょっぱい弟達に????」

弟松組「「「はぁ???????」」」

ここから、まぁわちゃわちゃするわけでひたすらわちゃわちゃしてるわけで…………

レッツ☆レポ放置www

一vsカラ
トッティvsチョロ
十四vsおそ

十四「てか、おそ松にーさん。さっき自分が一番人気って言ったよね???それ…僕!!!」

ここ吹いたwww

おそ「おいっ!カラ松チョロ松。こいつらぶっ潰してやろうぜ!!!」

カラチョロ「「おうっ!!」

トッティ「一松にーさん、十四松にーさん受けてたつよ!!」

十四「「おうっ!!」」

おそ「タイトルコールは俺たちにーちゃんのもんだ!!!」

トッティ「僕たち弟組のもんだー!!!」

06松「「「「「「おりゃ〜〜〜」」」」」」

下手側から

無職上等の旗を振る櫻井孝宏
「にーちゃんなめんなよー」

サングラスに拳銃を持つ中村悠一(爽やかなマフィア)
「フン、蜂の巣にしてやる」

両足にティッシュを付けてる神谷浩史www
もう駄目爆笑し過ぎて思い出せないwww


上手側から

ダイナマイトを身体に巻いてる福山潤
「とりあえず…殺す」

野球ボールを被りバットを振り回す小野大輔
「アハー、野球まーん」

日傘を出してキュルルンって出てくる入野自由
「トド松だよ」


って出てきて戦おうとした瞬間に


イヤミ「待つザンス!」


センターから鈴村健一が登場し

イヤミ「フェス松さん 昼の部 ~センバツロスにはまだ早い~始まるザンスよ〜会場のみなさん例のやつを一緒にやるザンス。シェーの?」

会場「シェー」


06松「イヤミ〜」


OP「はなまるぴっぴ」が流れて各キャラクターの迷場面が流れるんだけど、みんな酷い映像が流れるんだよな〜www

ここでわっしー登場。

出演者様全員登場。

櫻井孝宏「みなさんこんにちはー。こんにちはー。今日は楽しんでいって下さいね。おそ松役櫻井孝宏です。」

中村悠一「みなさん、こんにちは。どうも中村です。えぇ本日は中々暑い中並んで頂いたんだと思いますけど、えぇ短くもない時間を楽しんでいって頂けたらと思います。宜しくお願いします」

神谷浩史「みなさんこんにちは。チョロ松の声をやらせていただいております。神谷浩史です。本日は宜しくお願いしまーす。」

福山潤「はぁい、みなさんこんにちはー。一松役の福山潤です。宜しくお願いします」

小野大輔「みなさん、元気ですかー?元気があれば何でも出来る。いくぞー。ハッスルハッスル。マッスルマッスル。元気よくいきましょう。十四松役小野大輔です。宜しくお願いします」

入野自由「みなさんようこそ!入野自由でーす。本当に小野さんの後に色々やるの嫌でーす。野球も最悪、なんだあれ?宜しくお願いします」

遠藤綾「みなさんこんにちはー。トト子役の遠藤綾です。今日は楽しく仲良く頑張りましょう。宜しくお願いします」

鈴村健一「先ほどはシェーをしてくださってありがとうございました。イヤミ役の鈴村健一です。今日は頑張ります。宜しくお願いします」

國立幸「みなさん、バローチクショー!チビ太役の國立幸です。最後まで盛り上がっていきましょう」

飛田展男「だよ〜ん役の飛田展男です。みんな一緒に盛り上がっていくよ〜ん」

上田燿司(デカパンと聖澤で挨拶したのにメモがないwww)

斎藤桃子「みんなで仲良くするんだジョー。ハタ坊役の斎藤桃子です宜しくお願いします」

\ 可愛い〜 /


今日一のキャーを桃子が掻っ攫っていきましたwww


わっしー「イベントを始めるにあたりコール&レスポンスを始めたいと思います。皆様いいですか?」

わっしー「僕の声届いてないですか?じゃあですね、昼の部のコール&レスポンスは遠藤さん」

綾「おそ松ー!!!」

\ おそ松 /

綾「カラ松ー!!!」

\ カラ松 /

綾「チョロ松ー!!!」

\ チョロ松 /

綾「一松ー!!!」

\ 一松 /

綾「十四松ー!!!」

\ 十四松 /

綾「トド松ー!!!」

\ トド松 /

綾「クソニート%#○〒+=〆」

わかんねぇーよwwwwww

小野氏「じゃぁ、セクロース

\ セクロース /

神谷「止めなさい!!それ挨拶じゃないから!!!」

わっしー「日曜の昼間から何を言ってるんでしょうねwwwって言うことで今日はみなさんと一緒に頭空っぽにしていきましょうね、おねしゃーす」


って座席座りました。 下手から櫻井孝宏→上手斎藤桃子の順番です。

全松振り返りコーナー

(コーナー名違うけど、分かりやすくね)

ここのコーナーでは時間が許す限りで振り返りたいと思います。その全松の題名を載せてて

(このやつ!名前わかんない!!どうしよ)

04枚程ありました。

この辺クロストークだったので分からない

「随分アナログだね」
「昭和の香りがプンプンする」

わっしー「ざざざざざとタイトルが並びましたが、色々と気になるエピソードがあると思いますが、みなさん指し棒あります?」

とそれぞれのキャラクターが先端についてる某を持つんだけど、神谷浩史小野大輔の片乳首を隠してて

「小野さん昼間ですよ?」

って怒られる小野さん。

そして自分の席から自由に動いて「気になる話、まずはこの話をしたい」エピソードを指して貰いました。

潤さんと小野さんは「実松さん」

を指して、実松さん問題を片付けようと思います。

そして、健ちゃんは誰も刺さないから自分で指す。
ゆうきゃんは年末スペシャルを指しててwww
あなた他にもあるでしょ???wwwwww
自由はトド松と05人の悪魔
桃子はお誕生日会だジョー
櫻井孝宏は童貞なヒーロー
好きな台詞があって「渋谷怖い!」
遠藤綾はこぼれ話集が好き

▶▶▶さぁ、実松さん問題を片付けよう

潤さん「いや〜いいですね、この6500人の前で実松さん問題をやるの。」

わっしー「満を持しての一発目が実松さんでいいのか?」

潤さん「OAも新年一発目がこれだったんですからね」

わっしー「実松さんに関しては肯定派と否定派で分かれるじゃないですか?肯定派の方。」

ちなみに客席の皆様は?と

神谷さん「ちなみに、あれ?おそ松さんビデオ撮っといたはずなのに間違えた?!って人は」

ゆゆさんはリアルタイムで間違えた???派の人です

潤さん「やっぱりね、ワンクール…年末スペシャルまで含めてやってきて、みなさんの中におそ松さんってものが凄く浸透し始めて楽しくなってきたところで新年一発目に違うアニメをやるってところですかね。この捻くれ方がですね、僕台本貰った時に本当に超変声になるかと思うくらい笑いましたよ。最高だぜ」

わっしー「台本を頂いたときはあの笑だったの?」

潤さん「キャラクター表はいただいて」

わっしー「あと、誰だっけ小野くんだっけ?実松??」

小野くん「えっ?うん。指してた。今、実松さん推してる人面白いと思う人って思うところには挙げてなかった。俺が酷い目にあった回ですよ。損しかしてないですよ。」

潤さん「実松さんよかったよ」

小野くん「そうなんだよ、潤が異様に好評価なんだよ。それが信じられないんだよ。新年一発目のOA観てなんなだこれは?意味が分からない。なんなんだったら気持ち悪いよ。嫌悪感しかないよ。そのメインどころを僕がやってるんだよ。俺のせいじゃん。なんだよこれ嫌な気持ちになってさ。エンドカードが裸の実松さんで気持ち悪い。損しかしてないです。大嫌いです」

潤さん「いや〜正月一発目みなさんこうやって(リモコン持つ仕草)こうやって観てて(リモコンを落とす仕草)こうなる姿を僕は想像しただけで家でご飯が03杯食べれました。」

わっしー「実松さんは突飛でしたが、じょし松さんもね。ムツゴはいいけど、みなさんもじょしになりたいと思いました?」

とトト子ちゃんより向こう側の人に聞くわっしー

健ちゃん「俺はでも女子になってるんだよ。残念だけど声がたかはし智秋になってるんだよ。」

たかひろ「それは残念だよ」

健ちゃん「残念だよ」

國立さん「私、初めてここでじょし松さんを観た時に、凄い新鮮だったのは男性から見てまつ毛を上げる作業。あのビューラーで。あの十四松子の描写がエグくて、こんなにギリギリで怖い感じに見えてるんだなって凄い新鮮でした。」

わっしー「おそ松さんで女子がどう言う風に見られてるのか知ったわけねwww」

▶▶▶逆襲のイヤミについて

健ちゃん「イヤミが出てくると昭和になっちゃうから、ちょっとポップでお洒落なおそ松さんを壊しかねないので本当にいつも苦労してました。終わりです」

健ちゃん「でもあの逆襲のイヤミは面白かったです。作画が凄い綺麗でしたし、トト子ちゃんが本気で殺しにかかってるのが最高でした。」

遠藤綾「死ねってアドリブでいった」

健ちゃん「乗り物が一人ガチだった。デビルシャーク。あと凄かったのは古川登志夫さん。」

現場的に一番の大御所に一番仕事をさせてしまった。なんとも言えない罪悪感。好き勝手にやってる時にタンタンタンとやってる。

ハタ坊のジョーをやってくれたんだけどひたすら可愛いのよね、桃子。


▶▶▶クリスマス会について

掛け合いが見事でした。

けんちゃん「OPで浩史が高い声出すのが凄いよね」

潤さん「なんで、僕だけアメマだったのかわからない。ギャグですからね?割と我々アドリブでやってると思われるけど、他のアニメであれをやってるって印象が付きすぎてるせいか、あれ俺が勝手にやってると思ってる人いっぱいいるでしょ?」

ゆうきゃん「おそ松に関してはムツゴほぼ、台本通り」

けんちゃん「本当に台本通りなんです」

潤さん「余計なの入れたらつまんなくなっちゃうんです。」

わし松さんってこの辺りで入ってた気がします。

▶▶▶そして國立さんは「スクール松」を選びました。

國立さん「スクール松はいっぱい言いたいことがありますけれども、私中でも痺れたのはおそ松の啖呵で「お前ら奢られること前提で呑みに行ったことあんのかよ」。凄くないですか?呑みに誘うんですよ?呑みに誘うのに奢られるの前提なんです。でないと行かないっておそ松が啖呵切るの。すっごいかっこよくて。最高のクズだなってwww」

奢られるの前提で呑みに行ったことある人でムラサキ多くてwwwわし松さんが担当カラーで挙げさせることによってそのファンがどんなファンなのか分かるねとさらりと怖い一言www

潤さん「なんかごめんなー俺が」

わし松「少しだけここに台詞ありますよ」

たかひろ「本当だ」

おそ「暇しんてのかオラ、テメェ暇しんてのかって聞いてるんだオラッ、本当に暇か?ガチで暇か?24時だぞ?夢とか見付けてねぇーだろうな?親に甘えてんのかオラ?仕事したことねぇのに仕事について語ってんのかオラ?奢って貰うこと前提に友達を呑みに誘ってないのかオラ??」


國立さん「改めて聞くと夢とか見付けてんのかこの野郎ってwww」

たかひろ「夢とかもっちゃダメです」

けんちゃん「あれって結局なんかさ、十四松がきゅーって吸い込むところがクライマックスみたいだよね。彼処に目がいきそうなのに台詞まで覚えてるの凄いよね。」

國立「その後のトト子のシャケこら?」

たかひろ「鯖コラ」

綾ちゃん「シャケこら鯖こら?」

わし松「ちょっと待って下さいね。ありました」

トト子「サバこら!シャケこら!サバこら!シャケこら!ホンママグロおりゃぁ」

本物ktkr


潤さん「あの話でホェバが生まれたんです」

毎回名言うまれてましたね。

▶▶▶エスパーニャンコ

デカパンがあんな人って出たのはこれが初めて。怪しいものを発明したのがここが初めて。大川さんのエスパーニャンコが絶妙だったのと、構成が凄くよくて前のカラ松事変から引っ張ってあって、いい話だな〜って思ったのに最後大笑いして終わるって言うね。あれかもうおそ松を象徴してる回だな〜って思った。

わし松「みんなそれぞれ自分が出てる回出てないかい、OA含めて人の芝居も観てますし、個人的な話をしても、いいですか?個人的には…」

けんちゃん「わし松さん的には?」

わし松「わし松さん的には、面接。余りにも楽し過ぎて面接03回観た」

潤さん「神谷さんの名台詞、言えば辞めてくれる」

わし松さん「言えば辞めてくれる頂いていいですか?」

チョロ「言えば辞めてくれる!!!」

わし松さん(爆笑)

小野さん「あれ同じ台詞がずっと続くんですよ。役者としては難しいからどうやってやるのか?って考えるんですけど、僕はそんなに考えてなかった」

わし松「だって神谷さん、名前言うだけで嗜めるからツッコミまで幅広くやってましたが」

神谷さん「いや、でもすげぇーなって思ったのが変顔を辞めて頂けますか?って言ってる時の声がちゃんと変顔になってた。あれは出来ない」

小野さん「顔埋まってるやつね」

神谷さん「埋まってる声とか分からないもん。凄いもん。どーやってるの」

わし松「どうやったの?」

小野さん「ほい」

神谷さん「あれではいはいって言うんだけど、むかつくんだけど、あの声で喋ってるこいつってw」

わし松「みなさん、キャリアの中のテクニックをこの中に出し切ってくれたのも過言じゃないですね」




以上振り返り松でした!

まだまだ、他の話も見たいですよね?ってことで次はこぼれ話。

まだまだ長いのでわけます!