その日わたしは愛を知りました

神谷浩史さんのイベントに行った時の思い出

「デュラララ!!×2 結」スペシャルイベント「デュラララッシュ!!」(昼)

神谷浩史さんが折原臨也のことを話すだけで泣く程の頭がおかしい折原臨也狂いが書く神谷浩史さんのレポ




デュラララ!!×2 結」スペシャルイベント「デュラララッシュ!!」
◆日時
2016年6月18日(土)開催
【昼の部】13:15開場 14:00開演
◆出演者
豊永利行神谷浩史小野大輔、福山 潤、下野 紘、小野友樹


もうOPだけで泣きそうで(;_;)


それぞれキャストが入ってくる時に

としくん「やぁ」

臨也さん「人、ラブ!!」
↓無理臨也さん可愛い無理。としくんとなんか話してる
↓無理(;_;)臨也さん(;_;)
小野さん「お客さーん!あーそーびーまーしょー」
↓小野さんのバカ(;_;)そんなのダメ(;_;)
潤さん「セルティーー!!!!!」

彩陽「みんなに会いたくてきたぁー」

しもんぬ「思いっきり遊びましょう!(ただのしもんぬ)

おのゆー「ありがとう!ハニー達」


普通に臨也さんって書いてたwww臨也さんじゃない神谷さんだwww書き直すの面倒なのでこのままでいっか


ここで司会者のアメリカザリガニの方が出て来て「ほぼほぼ、顔馴染みでやりやすい」



▲ 挨拶

神谷さん「どうもみなさんこんにちはー!ありがとうございます。折原臨也役をやらして貰いました神谷浩史です。本日は宜しくお願いします。」

潤さん「ではみなさん。セルティー!!!!セルティ大好き岸谷新羅福山潤です」

おのゆー「こんにちろっちー!」

\ こんにちろっちー /


ここで彩陽ちゃんのお話を聞きました。ワゴン組について聞けて良かった〜。そして潤さんはデュラのイベント初めてで、神谷さんは中野ぶり。

神谷さん「はいそうですね、デュララのイベントは中野のデュララバー以来ですね。あの、デュララのイベントじゃないですけどMBSで出ましたね」

残りはデュラララウンジぶりですね。とのことでコーナースタート。



▲ デュララチャットトーク

『 デュララの第一印象 』

→としくん
キャスト見て、神谷浩史さん知ってる。小野大輔さん知ってる。宮野真守…凄い知ってる…!!ってなった

としくん「なんで神谷さんキョトンとしてるの?」

ってキョトンとする神谷浩史可愛い。

→神谷さん「キャラクターが多い」
凄く多かったなーと。オーディションの時にキャラの一覧を頂いたんですよ。その時に帝人以外の男性キャラはほぼオーディションで声を聞いていただいたんですよ。ただでさえキャラクター多い中で、ほぼほぼ全部のキャラに目を通して、やる。しかもチャットシールもオーディション対象だったんですよ。原作を知らないと誰か誰だか知らないじゃないですか。でもこれどうやってやるんですか?って確かあの時大森監督自身がオーディションやってたと思うんですけど、何かやって見て下さい。とよく分かんないけど、田中太郎とか名前のイメージで太らせてみようとか見たいな感じでオーディションやったんですけど、人数多過ぎてどんな話かもわからないし、臨也が言ってることもおかしかったんで。こいつは突拍子もないおかしな役だなって印象がありました。」


→しもんぬ
ずっと小野さんがこのコソ泥が〜を言ってた。

ってwwwwwwwww確かにwwwwwwwwwwww
ちなみに小野さんのあのコソ泥は毎回毎回取り直してたとのこと!小野さんお疲れ様!!


福山潤さん
ここでもオーディションの話。事務所のFAXの画質が悪いからほぼほぼキャラが見えなかった。オーディションの時と性格が違うと現場で思い、こいつ、変態だ!って思ったと。


『 忘れられない名シーン 』

→臨也が携帯を壊すシーン アハハハハハハ
懐かしい〜な。アハハハハハハからの飽きちゃったはもうね、うん。たまらない。

これを選んだのは小野大輔さん。

小野さん「デュララと言えば、僕が最初に思ったのがこのシーン。デュララ06年やってますけど、06年前このシーンを見た時にあぁ、神谷さん…だっ。」

潤さん「いっぱい臨也のいいシーンがあるのに神谷さんを一番感じるのがここなの?」

小野さん「ラジオとかでね、僕が悪いんですけど、携帯を切って無くて鳴っちゃうってことがあるんですよ。本当申し訳ないと思ってるんですけど、お前後で爆破なって。それくらい厳しい」

神谷さん「業界のルールだからね。本番中に携帯鳴らしたら爆破。大塚明夫さんだって鳴らしたら爆破。」


神谷さん「どう言うつもりで成田先生はあのシーンを作ったんですかね?未だにわかんなくて」


臨也さんの狂気を出すためかな?


神谷さん「06年前の芝居を見て臨也の芝居はサラッとしてますね。臨也って段々おかしくなってる気がするんです。あのね、甘楽をやってて思ったんです。01期の甘楽って普通なのね。ゲームとかで色々やらされ過ぎて何もしなかったわけじゃなくて臨也とかで甘楽の声やらせて貰ったけど、おかしくなってきて。こんな濃くなかったよ。濃すぎるよ。」


あああああああ甘楽ちゃんの話した。・°°・(>_<)・°°・。ババアの大好きな甘楽ちゃんの話した。・°°・(>_<)・°°・。ねぇ。・°°・(>_<)・°°・。甘楽ちゃん。・°°・(>_<)・°°・。そんなに聞くことがないかと思う甘楽ちゃん。・°°・(>_<)・°°・。大好き大好き本当大好き。・°°・(>_<)・°°・。



→ドタチンが引かれるシーン

このシーンを選んだのはしもんぬ

しもんぬ「どうしてもおにーちゃんのシーンを選びたかったんです。どうしても同じ血が繋がってるようには思えない。」

突っ込んでヒーハーは凄い


→セルティがカバディを気になるシーン

速攻カバディって分かってカバディだ!って思ってましたwww

こなシーンを選んだのは福山潤さん

潤さん「01期が終わってセルティが本当大好きでたまらなかったんですけど、このシーンで一気に愛が深まりましたね。あの状況でカバディに目がいってカバディカバディって出来ないって愛おしい」

ああああああああああああああ福山潤さんありがとうございます。・°°・(>_<)・°°・。もう新セルたまらん。・°°・(>_<)・°°・。どうしよ。・°°・(>_<)・°°・。ああああああああああああああ本当ありがとうございます。・°°・(>_<)・°°・。




『 こんな私の歪んだ愛 』

→「季節限定のチョコ」おのゆー
花江くんにあげてるとのことを話してたら

神谷さん「どんなやつ?どんなやつ??」

ってwwwwww花江くんに渡すの???それからしもんぬも伊勢丹でチョコを選んでるおのゆーに出くわすとタレコミ

それから潤さんも銀座のチョコのやつ並んだけど、買えなくて断念したのにおのゆーは買えたって話に対して

オフマイクで神谷さん「気持ち悪い」

気持ち悪いってwww

神谷さん「いい趣味だね」

お前もプリン好きだろwww似てるよwwwとか思ってました。

→「富山を愛してる」あやひ

どうして富山に産まれなかったんだろう?

神谷さん「なんで好きなの?」

そこでまた富山について熱弁するあやひ

→「膝の裏」としくん

としくん「膝の裏を愛しています。」

熱弁するとしくん。とてつもなく熱弁するとしくん。

オフマイク神谷さん「気に入ったら舐めちゃうんでしょ???」

お前は馬鹿かwww

ここで一旦はけるんですが、神谷さんの膝の裏を見るとしくん。グッてやるとしくん。




▲ 朗読パート01

ここでそれぞれのキャラクターの思いをアフレコ形式でやります


※そしてごめんなさい。臨也さんしかわからないかも!



先ずは、青葉くんと帝人のシーン。

それから新羅と青葉くんのシーン。
青葉は臨也に似てるけど、臨也と違うのは無傷に逃げれないところ

ろっちーと狩沢さんのシーン。
紀田くんが臆病になったところは気の毒よねと

臨也さん「そう言う所が紀田くんは揺さぶり外があるよね。実に人間らしい。人聞きが悪いな。俺はそんなに酷いことしてないと思うけど?特に今回の騒動に関してはね?いつまでも俺は蚊帳の外。傍観者側に追いやられた人間さ。」

静ちゃんの登場

臨也さん「はぁ?静ちゃん?一体いつの話してるの?過ぎた話をいつまでも引きずるとかしつこいんじゃない?あはは☆そうか!頭の容量が足りないから新しいことは覚えられないんだね?」

静ちゃん「手前ェ殺すぞ?」

臨也さん「それもいつもワンパターンなんだよ?可哀想な静ちゃん。」

静ちゃん「いーざーやー」


狩沢さん「いっつも同じシュチュエーションだと見飽きるからもう一捻り欲しい!飛び出せ!!私の妄想力!!!!!!!」

キタ━━━━(●⁰∀⁰●)━━━━!!
狩沢さんの妄想キタ━━━━(●⁰∀⁰●)━━━━!!



帝人「僕、ダラーズ作ってないし!」

青葉くん「ダラーズの創始者じゃない帝人先輩には興味ないです☆」

静ちゃん「おっす!入学おめでとう。来良学園教師平和島静雄。担当教科は体育だ⌒☆」

静ちゃんノリノリだわwww

臨也さん「ふーん。静ちゃんには負けられないねぇ。




やぁ新入生だね?趣味は人間観察と仮病で保健室にいた生徒をイビリ倒すこと☆面倒な生徒は強制帰宅☆擁護員の折原だよ♡♡」


臨也さーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん(;_;)なんなの?ご褒美なの???????????狩沢さんありがとうございます。・°°・(>_<)・°°・。

静ちゃん「おい、こら糞虫。生徒になんちゅーこと言ってんだ〜?」

臨也さん「そーいう平和島先生の言葉使いも生徒に悪影響があるんじゃないですか?」

静ちゃん「うるせぇ!そもそもお前みたいな人間が教師やってるって言うのが許せねぇ」

臨也さん「それって完全に個人的な意見ですよね?そう言う頭ごなしの発言が差別やイジメにも繋がるんですよ?平和島先生こそ教師向いてらっしゃらないんじゃないですか?」

あああああああ臨也先生がいる高校に行きたいです。ずっと留年したい。・°°・(>_<)・°°・。臨也先生。・°°・(>_<)・°°・。


最後に新羅先生出て来て次はもう少し真面目な話をしようか?で一体おしまい。



▲ デュララ×Q

勝利したチームには商品券04万円分をプレゼントってことですげぇーな

チーム分け

来良組チーム(みかぷーに青葉)
裏社会チーム(臨也さんに静ちゃんに新羅)
社会人チーム(狩沢さんにろっちー)

『 臨也さんが杏里ちゃんを問い詰めた時に狩沢さんが臨也さんに言った言葉 』

このシーン好きなんだよなー。

→おのゆー
→小野くん
→あやひ
→しもんぬ
→潤さん
神谷浩史「お尻の穴」
→あやひ「まぶた」
正解!!!!

正解「あんたのまぶたを溶接する」

でしたね。

『 不良からのメール。「女めっけ!この後みんなで…」 』
「なにこれ?」というセリフを受けて、

→としくん「それはケータイだよ。」
→潤さん「俺は黒髪の子がタイプ。」
→神谷さん「あ、おれも!」
→あやひ
→潤さん
→神谷さん「お尻の穴」

ここまではまだ問題出てないからねwww

→としくん
→あやひ
→潤さん
→しもんぬ


正解は「このあとみんなでパーティしようぜ!」

誰正解したか忘れた(;_;)

宮野真守からのビデオレター 』
→あやひ
→しもんぬ「チャームポイントは顎」
→としくん「この後誰かに歌って言うふりをする」
嫌がるメンバー
→潤さん


問題:宮野真守にとってデュラララ?とは?
宮「ボケやすいように大喜利形式にしました!」とのこと。
「○○のような○○」
ヒント:詩的な表現


→潤さん
→あやひ「AMAZING!のようなBREAKING!」
→神谷さん「他の作品と同じようなアニメ」
→小野くん
→あやひ
→おのゆー
→福山さん
→としくん

もうボケが多すぎてwww

正解は「家族のようなもの」


そして最後には、
宮「それでは下野くんで、『泣けるような唄』」

しかもテロップ作ってあってwww待ってwwwスタッフさんグルになってるwwwwww

しもんぬの歌を聞くために客席側に座るメンバーwww爆笑する神谷浩史

コトコトと聞こえてくるよ〜
台所から君が料理する音〜
コトコトと聞こえてきたよ〜
カレーを作った君のその瞳に

までは頑張ったけどもう爆笑しましてwww
神谷浩史ばっかり見てましてwww

しかし流石だよ、しもんぬwww
歌いきったよwww


▲ LIVE

豊永利行
C“LR”OWN / Day you laugh

▲ 朗読パート02

今回の朗読は重い重いデュラの朗読。相変わらず臨也さんしか書けないけど、そこは察して下さい。

まずは新羅からスタート。

新羅の話はやっぱり来神学園時代の話で戦争コンビの話は出ますよね。

静ちゃん「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す…」

臨也さん「ちょっと新羅〜。何この状況?化け物と向き合って座らせられるなんて笑えないんだけど」

新羅「先生たちに泣きつかれちゃって」

静ちゃん「俺は別にそんなつもりじゃ…」

臨也さん「これだから野蛮人は…あぁごめん。人間じゃなかったね。」

新羅「ストッ〜〜プ」

新羅の喋りが続き

臨也さん「お前そう言うところはいっそう清々しいよ。それと、生産性がないのは同意だね。こんな化け物と分かり合おうなんて不可能さ。そうだろ?静ちゃん??」

静ちゃん「殺す殺す殺す…」

臨也さん「ほぉら?会話にならない」

静ちゃん「うるせぇ!」

臨也さん「そう言う臭いものに蓋!みたいな考えよくないよ?思考停止の証拠だよ?」

静ちゃん「黙れ。今すぐにでも息の根を止めてやる。毎日毎日変な奴らに喧嘩吹っかけられて迷惑してんだよ。全部手前ぇの仕業だろうが?」

臨也さん「えぇ?心外だな??俺はろくに友達のいないさみぃさみぃ静ちゃんに少しでも仲良しの友達が出来るといいなぁ?って紹介してあげてるだけだよ?あぁ、だけど彼は静ちゃんと友達になりたくないみたいみたいだね。可哀想」

からのまだ新羅さん語り。

それからの静ちゃん。
静ちゃんはやっぱり暴力は嫌いや、臨也さんについてお話してたけど、幽やトムさんに出会って少しずつでも自分を好きになれた気がすると。認めてもいいのかな?と話してたのを壊すのが

臨也さん「そんなことは認められない。化け物が人間のふりをするなんて滑稽極まりない。人間は他の何物でもない純粋に人間であるから素晴らしいんじゃないか。」

帝人くんになるんだけど、あの帝人と臨也さんのシーンが流れてくる

臨也さん「そうやってダラーズを私物化しようとしてる君も今じゃ余計なものになりつつあるんじゃない?」

帝人「もう僕はとっくに余計なものじゃないですか?」

臨也さん「面白い!帝人くんは俺が見てきた中で最高部類のピエロだ。彼こそ人間だ。そう俺は人間が好きだ!愛してる。どこかの闇医師じゃないけどさ、この想いは未来永劫変わらないじゃないかさえと思うよ?でも…この興味の感情を覆す出来事が起こることも俺としてもやぶさかじゃない。俺は人間を嫌い。憎む時はどんな時だ?何を思う。その時の俺は今の俺と何が変わる?憎んだ先に俺は人間を愛することは出来るのか?あぁ想像するだけで面白い。だから俺は人間が好きだ。こんなに興味が尽きないことは、この世に2つともない。それに比べて異形。怪物。化け物?あいつらは話にならない。人間は人間であることの様々な条件を無視して干渉して邪魔をする。そんな勝手。許されない。化け物が人間のふりをするなんて本当に虫唾が走る。そんな存在は排除するに限るってわけさ。そう、俺は逃げるためにあの場所に立ったんじゃない。化け物退治に来たんだ。」

からの

臨也さん「やれよ…化け物」

のシーン。

あああああああ。

そしてろっちーと狩沢さんの語り。
からの、青葉くんの語り。
ちょくちょく帝人くんやろっちーも入る。
また新羅の語りも入り、静ちゃんの語り

そして最後にこの方

臨也さん「化け物が人間のふりをして日常を謳歌するなんて許せない。だけど、まぁ、化け物退治は一時休戦といこう。池袋から離れた土地で俺の愛する人間を変わらず観察し続けていくよ。永遠のさよならかだって?そんなこと分からないさ。そうだね、いつかまた出会う時もあるかもね、その時はそうだなー。せいぜいでかい花火を打ち上げて君たちを驚かそうじゃないか。退屈の日常なんてつまらないだろ?ダラーズ。黄巾族。罪歌。ブルースクエア。首無しライダー。その他大勢の愛する人間たち。混沌として清々しい刺激に溢れたこの街は俺だって嫌いじゃないんだから。それじゃぁまた、みんなに会える日を楽しみにしているよ」

でおしまい。一刻も早く花火を打ち上げてください。

ここで会場の幕が一旦下がる。

帝人くん「この街を去って行く人がいた。戻ってくる人もいた。この街も人も変化し続ける。その変化は時に僕を置き去りにし、時に無理矢理進んでいくこともある。それはきっとけして辛いことだけじゃないんだ。1つだけわかったことがある、そこにあるのが現実だということ。日常でも非日常でもない。手を伸ばせば触れられる現実。今、僕は戻るんだ。すぐそばにある現実に」

▲ サプライズLIVE
「裏切りの夕焼け」

待ってぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(;_;)ここで(;_;)裏切りはだめだよ(;_;)

▲ 挨拶

神谷さん「はい、折原臨也役の神谷浩史です。本日はお越しくださいまして、誠にありがとうございました。ありがとうございます。豊永くんも仰ってましたが、アフレコが始まった時のことは強烈に覚えててなんか分かんないけど、とんでもねぇ作品が始まったな。とんでもねぇアフレコ現場だなってこれやばいぞ。って焦りだけがあったんですよね。焦りと同時にドキドキする感じ。なんか面白いことが始まる感じ。面白いことをやろうとしてる連中が虎視眈々とテストのテイクでも面白いけど、本場になるともっと持ってくるぞ!って感じが何かやらかすかも知れないこいつら?!って感じの人たちの現場って何かが起こるんですよね。やっぱりその化学変化が起こって一話やって二話やって一体何をやってるんだ?要は物語の片面しか見せない方法でやっていましたから、例えば何が行われてどこに進んで行くのか分からないけど、物凄い熱量だけは伝わってて、そのうち色んな話に繋がっててこう言う話がどんどん続いていくんだ!ってでもどっかで失速するのかな?って思ったのに全然失速せずに駆け抜けていった。間は空きましたけど原作の最後まで走り抜けることが出来たのは本当に我々に取ってありがたいことですし、この役を最後まで演じ切ることが出来たのは本当最高だと思っております。それもこれもここに来て下さってる皆さんがデュララって作品を愛して下さってるからだと思います。僕はこれを超える群像劇は中々出てこないと思います。パンフレットにも書きましたけど、歪んではいますけど、愛と言う普遍のテーマでデュララって作品をお送りさせて頂いてますので、これからも時代に左右されることになく皆さんに愛され続けることを祈っております。今日はお越しいただきましてありがとうございました。」

最後にみんなでありがとうございましたー!!!!!!!!!!!!!

そして最後にはける時に

ろっちー「ありがとうー!また会おうね!ハニーたち♡」

青葉「ありがとうございました!」

狩沢さん「ありがとうございました〜また会おうね!!」

新羅「みなさん本当にありがセルティー!!!!!!!!!!!!!」

静ちゃん「お前ら本当にthank youな」

臨也さん「デュラララブ!俺はデュラが好きだ!愛してる!!ありがとうございます」

泣きすぎて多分こんなこと言ってた気がする

もう泣き過ぎてわかんないや。


頑張って夜の部も書きます!!