読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日わたしは愛を知りました

神谷浩史さんのイベントに行った時の思い出

夜は短し歩けよ乙女〜完成披露試写会〜



まだ、映画が公開されてないので、ネタバレ嫌な方は見ないで下さいね。






神谷浩史しかいないそんなレポ





司会者から現れて舞台挨拶スタート。

まさかの目の前を出演者が通る座席でして…。

zipでばっちり星野源さんと共演しました、私

ご褒美ですか?ご褒美なんですか???

最初の挨拶

「はい、学園祭事務局長をやらせて頂きました、神谷浩史です。短い時間ですがよろしくお願いします。」

監督が拍手だけじゃ信じられないって言ってたら神谷さん笑ってましたwwwwそこからまた秋山さんが拍手を…ってなって拍手したら「欲しがり過ぎでしょ!」と神谷さんからのツッコミ。

色んな役をやってきた中でこう言った役をやるのはどう言った心境なのか

「ありがたかったですよ。こう言うお話がありまして、候補の一人の内だと思うので、僕も本気に受け取って、別の人に決まりましたたと厳しいので、一応その時に原作を買いつつ読んでいながら準備はしていたんですけれども、決まった時は本当に嬉しかったですね。四畳半神話大系のオーディション受けて落ちてるので」

監督「ずっと言ってるよね」

「はい、僕、恨んでるので(笑)嘘です、恨んでないです。OA観て、俺これ出来ねぇや、落ちて良かったって思いました(笑)猛烈に早口で喋らされてる主人公を見て、あーこんな絵を作る人なんだ、こんな作品を作るんだ。またいつかどっかで機会があればいいなって思っていた所での今回のお話でしたので、本当に嬉しかったです」

豊かなキャストとの共演でしたけれども

「そうですね。なんか格闘技みたいになってたじゃないですか。だから今日ステージにあがるのも緊張してたんですけど、みなさん、よくしていただいてありがとうございます。」

秋山さんがボケると「ちょっとなにを言ってるか、分からないwwww」って神谷さん

そして何故かクリエーターズファイルの話になり、ゆゆさん終始笑ってましたwwwwそして神谷さんも笑ってましたwwwwwwww

アフレコはいかがでしたか?

「いかがでした…いつも通りですよ(笑)01人で収録したんですが、香菜ちゃんの声が入った状態だったので02番手くらいだったんですけど、でも黒髪の乙女とはほとんど会話してないんですね。なんでたまに香菜ちゃんの声が聴こえるな……可愛いな………ってほとんど無音な感じで孤独にやってました(笑)」

秋山さん「逆に神谷さん歌のシーンでも女性の声出してノリノリで、あれがしっかり入ってたので、このテンションで来たらこれに合わせないといけない。まさか男の人があんな声を出すんだ。それに負けじに頑張りました」

ミュージカルのシーンについて

本当は加工するつもりがご自身の声になった神谷さん

「はい、そもそも台本を頂いた時にミュージカルシーンがありますと聞いてなかったらしいんです。弊社的には。ミュージカルも自分なりに頑張りますって思ったら女装して歌うって書いてあって。台本には今仰った通り加工するって書いてあったんです。機械で変えます。って感じだったので、観てびっくりしたと思いますけど、パンツさんも段々白くなってて、色を失うくらい驚いてるんですよ、捕まえたってシーンで。そこのギャップを表現するにあたって、機械的に加工して女性の声から男性の声に変化するって効果が欲しかったみたいですけど、アフレコの時に普通に歌って下さいとそれを今機械で加工してみますのでって聞いた時にあんまり上手くいかなかったんですね。今このスタジオの機材では上手くいかなかったけど、多分持って帰ってちゃんとした機材でやれば女性の声になると思いますが、試しに神谷さん、女性ぽく歌って貰ってもいいですか?あ…はい…ってなってそれが思いのほかウケたみたいなんですね。こちらとしては加工したものが流れるよりかはありのままの声が流れる方がありがたいなって思いましたので、めいいっぱい頑張らせて貰いました」

可愛かったですよね、この声いいな〜って秋山さん

最後の挨拶

「はい、神谷です。本日はお越しいただきまして誠にありがとうございました。ご覧になった皆さんですから楽しさは十分伝わったと思いますが、アニメーションの基本である絵が動くってことがふんだんに盛り込まれていて、動いてる絵を観てるだけでも楽しい気持ちになれるんですけれども、声を当ててる我々のお芝居をみて、この人本当自分のせいなのになんかよく分からないことに悩んでるなーってところを含めて全てが愛らしく前向きに頑張って生きてるなって感じとり、最後まで見るととっても元気になる作品ですので、何度も足を運んで元気になってくれればなって思います。本日はありがとうございます」

ここから一度フォトセッションのために準備

キャストが登場した時にスクリーンの方を向くのにスクリーンを後ろにしちゃってこっちです!って怒られるキャストが可愛かったです。

ここで星野源さんが「夜は短し」と言ったら残りで「歩けよ乙女!」って言うカットを撮るために練習をするのですが、声が小さかったのか神谷さんが

「あともうちょっと声出るんじゃない?テストだからって手を抜くと怒られるよ??」

神谷浩史に怒られる私たち、ご褒美です。ありがとうございます。

そして、最後にまた目の前を帰る神谷浩史。ありがとうございます😊😊😊😊

そして目の前辺りで秋山さんが、今一度私たちに大きな拍手を…って言ってるのにスタッフさんに頭を下げて帰る神谷浩史をひたすら見てました。

おーしまいっ