読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日わたしは愛を知りました

神谷浩史さんのイベントに行った時の思い出

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(さいたま01回目)



神谷浩史さんしか描いてないよ〜

並びは下記の通り!



みなさん、こんにちはー!赤司の声をやらせて頂いた神谷浩史です。みなさん、ご覧になっていかがでしたか?ありがとうございます。短い時間ですが、楽しく過ごせればなと思っております。宜しくお願いします。

* 初日を迎えられての感想

無事に初日を迎えられての胸を撫で下ろしてるのが正直なところなんですけども、今ここに登壇するにあたってあそこの階段の所で控えていたんですけれども、ラストシーンだけみなさんと見ることが出来たんですけど、奇跡の世代が集まって会話してるところを大っきいスクリーンで初めて観たんですね。僕、試写会には残念ながらお伺い出来なかったので、DVDを頂いて自宅のTVで観たんですけど、それでも充分な迫力を感じながら出来たんですけど、やっぱりこのスクリーンは凄いデカイなって思って。やっぱりこのスクリーンに対おる映像作りだったと思うし大きいスクリーンでその作品を楽しむだけの空間で楽しむに作品なんだなってあのワンシーンだけでバッて伝わったてきて、一番最後のシーンじゃないですか?そこに乗っけた気持ちが蘇ってきて、あっ、そっか。これが本当にラストゲームなんだなってなんとなく今チョット感じてしまって、小野賢章くんもこれが最後だと思うと寂しいみたいなことを言いやがって(笑)その気持ちが伝わって来ちゃってなんだよ、この野郎って気持ちでいるんですけど、初日なんでね、まだ始まったばかりなので、みなさん楽しんでくれればなって思っております。

* どのシーンがお気に入り?

黒子が僕もキレてますって言って顔を上げた時のめっちゃ男の顔してる黒子の表情が珍しくてすっげぇーかっけぇーって言う風に印象的だったんですけど、流石主人公だなって感じがして好きですね。赤司って言う視点で見ると奇跡の世代との会話にはグッと来るものがあって、一体どんな会話をしてるのかってみんなの中で想像してる部分もあったし、今回観て違和感がないからなんとなく消化出来てるんだと思うんですよ、みなさん。だけど、あれになる前の赤司、皆さん知ってるでしょ?チョットあれになっちゃった。ここ(鈴)とアレしてアレになっちゃった(笑)まだ彼がちゃんとしていてその周りに奇跡の世代が配置されていて、彼を中心に試合が回っていた頃って想像しか出来なかったのが皆さんにお届けすることが出来て、紫原が憤っているのも「個人の勝利よりもチームの勝利のが大切だってお前も分かっているだろ?」って言うところも以前だったら頭ごなしに言って力でねじ伏せていたところ、ちゃんと紫原に寄り添って気持ちを理解した上でこうだろ?って言ってあげて紫原が黙るってあの辺りも観ててグッと来るものがあるし、あと緑間のシュートのところも呼吸を合わせて練習もせずにノウルックであのシュートを成功させるだったりとか、そう言う奇跡の世代の繋がりが出来ている辺りグッと来ましたね。

さりげなくメンバー全員のシーンをぶっこんで来る辺りまじ赤司様

* 監督との会話で思い出に残ってること

印象的だったってかちょうどあそこでラストシーン観たって話をしましたけど、一番最後の赤司の台詞は一番最後の台詞だから考え深く言えば成立するものではあるんですけど、やっぱりみんなの気持ちを乗せた上で野心を乗せてくれって言われたんですよ。だからまだまだ僕たちの物語は続いていく希望みたいなのがあそこの台詞にのかっていて、そう言うものを表現したつもりだったんですけど、今そこで観ててあぁ、彼等ってなんかもっとすげぇ所に飛んでいくんだろうなってあの台詞だったり表現だったりを感じる事が出来てこう言うものを表現したかったんだってそこで言われたことを理解しましたね。

僕それを横で観てて力強く頷いてた浩史が。なるほどって俺が今思った。すげぇ頷いてたから

* 最後の挨拶

今日はお越し頂きまして、誠にありがとうございました。赤司征十郎と言う役は僕にとっても物凄い特別な役で、黒子のバスケって言うタイトルがどんどんどんどん成長していく様を半分部外者半分関わってるって感じで見つめていたんですけど、この先続けばこの役出て来ますよ。って紫原もそうだったんですけど、だから今年最後のシーズンまで出て来ない状態でどんどん作品が大きくなってみんなが成長していってって言うのを側で見てるしかなかったんですけど、最後になって参加させて頂いてこの先どうなるか分かりませんって言うところから赤司と言う役に声を吹き込んでいってはいたんですけど、僕と多田監督とナカジマ音響監督と三間音響監督の04人で色々と話し合って多分こうだ、こうだと話し合って赤司征十郎って声を作ってきました。赤司は結果02人で今日01人になっちゃいましたけど、彼等02人ですけど、僕ら04人で作りましたので倍だぞ。だからこれは間違いないだろって言うところで作っていった結果こうして劇場まで最終的にキービジュアルとして黒子と火神を引き連れて真ん中にたってこのチームを統べるものとしてキービジュアルが成立したのかな?と思います。だからTVシリーズを観てるキービジュアルを見てピンと来なかったかと思うんですけど、そう言うのを経て劇場版を観て、あっそうか彼はここに立つべき存在だったんだな。元々彼処にいてまた元のところに戻ったんだなってなんとなく自分的に納得出来るような内容だったと思うし、みなさんもそう言う風に思ってくれたら本当に幸いです。先ほども言いましたが今日は初日ですので気になる方がいたら何度も観て頂いて、今の内容を加味して観るとまた違った感想があると思いますので引き続き宜しくお願いします。今日はありがとうございました。





本当に今回神谷さんしか記憶にない〜